環境に良い事!みんなで小さな事から始めてみましょう!

環境のことを考えよう!リサイクルプラザ 産業廃棄物 廃棄処理 生ゴミ処理機 リサイクル リンク集 トップページ


廃棄物処理についての知識

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」では、事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならないこととされています。事業者が産業廃棄物を自ら処理する場合は、政令で定める産業廃棄物処理基準に従わなければなりません。また、産業廃棄物の処理を委託する場合は、委託基準に従い、委託しようとする収集・運搬及び処分業者が許可等をもっているかどうかや、許可内容等(事業の区分、産業廃棄物の種類、処理能力、許可の条件等)の確認を行ったうえで、事前に書面をもって委託契約を結ばなければなりません。そして、実際に産業廃棄物を処理業者へ引き渡す時には、マニフェストを交付して適正に委託しなければなりません。委託を受けた処理業者も同様に、産業廃棄物を収集・運搬または処分する際には、「処理基準に従う」、「委託契約を守る」、「マニフェストを使用する」ことにより適正に処理しなければなりません。排出事業者は、産業廃棄物を自ら処理する場合だけでなく、産業廃棄物処理業者等他の者に委託して処理する場合も、法令に定める基準に従い最後まで責任をもって行わなければなりません。


適正な処理

適正な産業廃棄物処理の目的
産業廃棄物は、きちんと処理されなければなりません。不適正な処理は、さまざまな問題を引き起こします。
(1) 環境を守ること
産業廃棄物を適正に処理しなければ、水質汚濁、土壌汚染などの環境破壊を引き起こします。

また、大気汚染や水質汚濁の防止対策を行った結果、産業廃棄物が生みだされるということも忘れてはいけません。工場などから排出される煙や水は、汚染物質を含んでいて、そのままでは排出できません。排水や排ガスの中から、汚染物質を捕らえて除き、きれいにしてから排出します。その排水や排ガスから捕らえられた汚染物質が産業廃棄物なのです。悪者扱いされる産業廃棄物ですが、私たちがきれいな空気を呼吸し、きれいな水を飲むために、産業廃棄物が発生しているのです。

(2) 産業を支えること
産業活動は、必ず産業廃棄物の発生を伴います。産業廃棄物が適正に処理されなければ、産業活動をつづけることができなくなります。適正な産業廃棄物処理は、産業を支える縁の下の力持ちでもあるのです。
産業活動によって私たちの豊かな暮らしが支えられているわけですから、産業を支える適正な産業廃棄物処理が私たちの暮らしを支えているともいえるわけです。

適正な廃棄物処理のあり方

産業廃棄物の適正処理を考える場合、廃棄物を捨てることばかりを考えてはいけません。廃棄物の量を減らしたり、廃棄物の中から使える資源を回収することも、これからは重要になります。また、廃棄物の中には有害な物質が含まれていて環境に悪影響を及ぼすこともあるので特に注意が必要です。

(1) 廃棄物をなるべく排出しないこと
製造工程の無駄を省いたり工夫をすることで廃棄物の発生を減らしている例が多くあります。限りある資源の保全の観点からも最も望ましい方法でしょう。

(2) 廃棄物を回収・再利用すること
すべての廃棄物を回収・再利用し、廃棄物をゼロにすることは不可能ですが、経済的な目的からも、廃棄物の回収・再利用(リサイクル)は、相当行われています。

(3) 廃棄物の中の有害な物質を分解・無害化すること
青酸化合物や、有機塩素溶媒などは、焼却や化学処理によって無害化できます。しかし、砒素や水銀などは元素そのものが有害であり、これらはどんな処理をしても無害化できません。

(4) 廃棄物の中の有害物質が環境に放出されないように封じ込めること
無害化できない有害物質については、コンクリート固化などの方法によって封じ込めた後に最終処分する必要があります。

(5) 廃棄物の中の有害物質が放出されても環境に問題ない程度に希釈すること

 



Copyright c 環境のことを考えよう! リサイクルプラザ  all rights reserved.